do not mind / 気にしない / garage eden

 

 

有名なのかどうかなのなんて気にもしない

 

「それ」が名の知れたブランドなのか、モノであるのか。

そんなことは少しも気にはしない。

興味もない。

 

例えばTOYOTAの車が世界で有名であり人気があったとしても、だからといってそれがTOYOTAを選ぶような理由に僕にはならない。

 

同調という意識もない。

偶発的なものであればそれは良い。

結果だから。

 

そういった意味では古着なんてのは良いような気がする。(今ではブランド古着なんてのもあるらしいけど、そういうのではなくて)

時間の洗練を受けたモノたちが、今もそこでは息を潜めている。

自在に好きなモノを選べばいい。

 

ただし、それでは足りないことも多い。

だから人は、僕は時に新しいモノをこの世に産み落とすのだろう。

 

自分の目で見たモノ、見た世界。

触れたモノ、触れた世界。

 

伝導と伝播。

この錆びて細いワイヤーの糸を伝っていくように、僕は誰かにこの想いを伝えようとしているのだろう。

まるで糸電話のようだ。

ピンッと糸を張らないとこの声の震えはきっと届かない。

 

web store へいくつかの新しい商品をアップした。

もう数点まだここから1週間ほど掛けてアップしていく。

あまりにノロマと言われそう。

それももう疲れた。

僕は僕のリズムとスタンスで自分が立つステージへとあがりたい。

待ってもらえないならそれもまた実力。

 

さて、実力をあげるために。

努力をする。

死ぬほどの。

ここから先はさらにイバラ道。

上等だ。

憧れも僥倖もふっ飛ばして僕は向かう。

 

気がつけば。

これまでも。

これれからも。

気にしない。

 

 

Urano Takahiro ウラノ タカヒロ
Urano Takahiro ウラノ タカヒロAuthor

Garage EDEN shop Editor.