Ebisu Styling / その身で革を感じ、日常に落とし込む’’レザー’’スタイル

 

 

 

 

今週のブログではGarage EDENが考える「革の在り方」をテーマに記事を書いております。

前回のブログでは当店が考えているマインドや想いを中心にした記事を書きました。

>>> 前回のブログはこちらからどうぞ

我らGarage EDENでは通年で着用するデイリーウェア、そして自らの生き様を刻むための1枚のアイテムとして皆様にご提案させていただいております。

また私個人としては日常のスタイルを「特別」で「気分が高揚」するような素敵で夢のあるマテリアル・アイテムであると考えております。

今回のブログでは当店が(あるいは私自身が)考えている「革の在り方」を表現したデイリーユースで特別感を体感頂けるスタイリングをご紹介致します。

リアルクローズかつ日常的なスタイルに落とし込んだコーディネートとはどういうものなのだろうかを考えてみたところ、当店でご提案したいと思うのはやはりこういったスタイルであると考えました・・・

レザーウェアとブーツを取り入れることで日常的なスタイルを構築する

そもそも当店では古くからブーツを基軸としたスタイリングをご提案しており、日常的に着用・身につけているアイテムで最も日常的なものとはブーツ・シューズであると考えました。
流通しているブーツのほぼ全てが革で作製されており、重厚な存在感と実際に手に持った際の重量感、そして自然とワクワクするような夢が詰まった素敵なアイテムであるとも考えております。

今回ご紹介するスタイリングで着用するブーツに選んだのはプレーンな表情を持ち、革そのものに足が包まれる「ワンピースブーツ」を、そしてこのブーツに合わせて今の当店で考える日常的なレザーウェアとは、不変不朽のデザインであるシャツであると思い、今季当店でセレクトしているThee OLD CIRCUSのノーカラージップ レザーシャツを選びました。

 

 

FITTING LEATHER >>> Thee OLD CIRCUS – 9 – / 9-9103 / “Vanished Voice” / ノーカラージップ ラストレザーシャツ [RUST BLACK]

FITTING BOOTS >>> Thee OLD CIRCUS ” 1973 ” / CB-911 / ” Black Sign ” / イタリアンショルダーワンピースバックジップブーツ [NERO]

日常的なスタイルはシンプルな組み合わせが良いと当店では考えております。

レザーシャツとブーツ以外のアイテムにはロング丈のタンクトップとサルエルパンツを着用し、当店が提案するスタイル観としては非常にシンプルなコーディネートで構成しました。

近年当店が提案しているスタイルでは定番的かつニュースタンダードなボトムスウェアとして提案しているサルエルデザインのアイテを着用しております。

インナーには今季Thee OLD CIRCUSが提案しているロング丈タンクトップを組み合わせました。

レザーアイテムの多くはさらっと羽織るだけで「決め服」のような力の入ったスタイルに見えてしまいがちですが、プレーンで無機質な印象のレザーシャツとなっているため激しく主張し過ぎず組み合わせることが可能となります。

ちなみにこのスタイリングで着用したボトムスは2019A/Wシーズンから当店で新たに取り扱うことが決まった新ブランドのアイテムを着用しております。

現状まだWEBショップには掲載出来ておりませんが、現在リリース準備を進めており(先週までイベントなどで異常なまでにバタバタしていて・・・汗)近日中には皆様にご提案出来るかと存じますのでぜひ楽しみにお待ちくださいませ・・・。

店頭では明日からwebショップでのリリースに先駆けてディスプレー・ご提案させていただいておりますのでぜひお時間のある方は新作アイテムを見に当店まで足を運んでいただければ幸いです。
ブランドの詳細も店頭では先んじて公開しておりますのでぜひご興味をお持ちいただきましたらお気軽にお尋ねくださいませ。

さて、今回の本題に戻りますね。

ロング丈タンクトップ+スウェットジャージにレザーを組み合わせることで適度にラフな印象を演出し「決め」過ぎず良い意味で抜け感がある今の当店が考えるリアルクローズなスタイルを構築します。
徹底的に計算して作り込まれたスタイルというのも私個人としては好みですが、ここ最近はラフでイージーなシルエットを組み込んだスタイリングが非常に気に入っており、2019A/Wシーズンからは今までの当店が打ち出していたスタイルの他にそういったラフさやイージーに着用頂けるスタイリングなんかも合わせて皆様にご提案したいと考えております。

レザーウェアを組み合わせることでラフさ、カジュアル味の強いアイテムの印象を一気に硬質でストイックなイメージへと昇華させる。

そういったイメージを想像し今回のスタイリングをご紹介させていただきました。

また今回のスタイリングの要にもなっているレザーシャツはロングスリーブTシャツのように日常的に着用して欲しいとの想いから作製されたとThee OLD CIRCUSデザイナー本人から伺いました。

実際に袖を通すとブランドらしいタイトフィットするシルエットフォルムとなっていますがストレスも非常に少なく長時間着用したいと思う適切な軽さを感じました。

日常的に着用したいレザーとはこうあるべき。というのをまさに体現した作品であると私は考えております。

あ新たなシーズンでも新作のレザーアイテムが続々と入荷を予定しておりますが、現状セレクトしているアイテムの中にもまだまだ素敵で素晴らしい作品が多く存在しております。

今季レザーウェアに挑戦したいと考えている皆様にもぜひ提案したいと考えられる逸品となっております。

ぜひこの機会にご検討いただければ嬉しく思います。

また日頃告知させていただいている8/4 (日)開催のincarnation 10th Anniversaryイベントについて再度告知をさせて下さい。

incarnation 10th Anniversary

 

>>> incarnation 10th Anniversary イベント概要についてはこちらからどうぞ。

こちらのイベントに関しては参加資格を設けており、それは当店の「FAMILY(お客様)」であるということ。

そのためご来場に関しては事前にご連絡をお願いしております。(電話やメールなど)
* まだ当店でお買い物などがない方もこの機会にメールマガジン、WEB STORE のメンバー登録をして頂ければご来場が可能です。
(場所に関しましては当店ではなく恵比寿駅からほど近い会場となります。来場希望者のみへ別途ご案内差し上げております)

>>> 当店のメンバーズ登録はこちらからどうぞ

当日の店頭にはincarnationデザイナーのKeita Ogawa氏、そして当店からはOwner・Editorのウラノ、そして私Shop Stylist ジョンが接客対応を務めさせていただきます。

「1日限り」の大変希少で貴重なイベントとなっており、遠方からも来る価値のあるイベントであるとも考えております。

開催まであと2日となりますが、ぜひブランドに興味がある方、そして私たちが提案する特別なレザーウェアをその目で体感したいとお考えの方はぜひ当店までお気軽にお問い合わせくださいませ。

ぜひ奮って

ご参加いただければ嬉しく思います。

 

John Morishita ジョン・モリシタ
John Morishita ジョン・モリシタAuthor

Garage Eden Ebisu Shop Stylist.