Ebisu Mind / 当店が考える’’Leather Wear ’’その在り方

 

こんばんは、ジョンです。

先週末から一昨日までメルマガ・メンバーズ会員さまのみを対象としたイベントの後片付けやお礼のメールなどでこの数日は非常にバタバタしており、ブログを更新する時間もままならない状況でしたが、本日ようやく時間を取ることが出来たので更新致します。

関東は先日梅雨も無事に明け、長かった雨季にも別れを告げました。

しかし梅雨が明けてみれば灼熱のような熱気に一日中包まれ、「ああ夏が来たのだな」とい強く実感を致しました。

梅雨から夏への季節の変遷。

そして当店でも近日中に一つ先のシーズンである秋冬物の幕開けとなります。

日々各ブランドから新作のアイテム入荷がございますが、上述したイベントやこれから先8/4に開催するincarnation 10th Anniversary などのイベントも控えており、当店は一気にこのシーズンを駆け抜けるよう過ごしており、新作アイテムのアップまでもう少々お待ち頂ければ幸いでございます。

一つ一つのアイテムに向き合い、私自身の魂や想いを詰め込んだ商品ページを作製していきますのでそちらもお楽しみに・・・。

 

さて、今回のブログではそんな秋冬物の入荷やスタイルに想いを馳せ、そして当店が考える不変不朽のアイテムと考えるレザーウェア、そして当店での「在り方」についての記事を綴ります。

当店が考えるスタイル、そしてコーディネートに欠かすことが出来ないレザーウェア。

改めて当店でのレザーの「在り方」を今回のブログではご紹介致します。

革と共に生きるー当店が考えるその「在り方」

トピックタイトルにもちいたのは 当店が考えるマインドに根付くもの。

実際に当店では1年を通し、どのシーズンでもレザーウェアのスタイルを提案しております。

まさに今時期のスタイルにおいてもレザーウェアを用いたスタイルをいくつか提案していますね。

 

 

Fitting Laether >>> Thee OLD CIRCUS – 9 – / 9-9104 / “Vanished song ” / ノーカラージップ ラストレザーベスト [RUST BLACK]

革を纏う。

多くの男性が革を身に付けることに憧れ、革を身に付けることに想いを馳せていると私は考えております。

革を着用する。

それは日頃摂取している食事同様に何らかの命を間接的に戴くことと同意義であると考えており非常に崇高なモノであるとも考えております。

敷居が高いアイテムであるということにも重々承知しておりますが、何より当店では革というマテリアルそのものに惹きつけられ、まだ見ぬ可能性を追い求めたいとも想っております。

以前、店頭に遊びに来てくれたFAMILY様の言葉が心に残っています。

「この店に掛かっているレザーは、目に見えない魂や想いをその身から感じます」

当店がセレクトしているレザーウェアはまさにその言葉通り魂や想いが込められたものだけを選んでおり皆様にご提案させていただいております。

また私個人の考えですが、革とは身に付けることで普段のスタイリングやコーディネートを特別なものへと昇華させ、気持ちの面でもどこか誇らしく高揚する素敵な存在であると考えております。

着用を重ねることでその身に「生き様」と当店では称するシワを刻み込み、世界に一つだけの自分だけの「1着」へと経年変化もしていきます。

時の洗礼を受け様々な表情を見せるレザーウェア。

最高に格好が付くアイテムでもあり(トップスやボトムス問わず)共に人生を歩んでくれる最高の相棒でもあります。

今現在、当店では多くのレザーウェアをご提案させていただいておりますが、近日中には各ブランドから想いや魂が込められたレザーウェアの新作が入荷も致します。

さらに日頃ブログやメルマガなどで告知もさせていただいておりますが、来月8/4(日)には特別なレザーウェアを提案し続けているincarnationとGarage EDENが特別な皆様に贈る「1日限り」の合同イベントも開催致します。

incarnation 10th Anniversary

 

>>> incarnation 10th Anniversary イベント概要についてはこちらからどうぞ。

こちらのイベントに関しては参加資格を設けており、それは当店の「FAMILY(お客様)」であるということ。

そのためご来場に関しては事前にご連絡をお願いしております。(電話やメールなど)
* まだ当店でお買い物などがない方もこの機会にメールマガジン、WEB STORE のメンバー登録をして頂ければご来場が可能です。
(場所に関しましては当店ではなく恵比寿駅からほど近い会場となります。来場希望者のみへ別途ご案内差し上げております)

>>> 当店のメンバーズ登録はこちらからどうぞ

当日の店頭にはincarnationデザイナーのKeita Ogawa氏、そして当店からはOwner・Editorのウラノ、そして私Shop Stylist ジョンが接客対応を務めさせていただきます。

「1日限り」の大変希少で貴重なイベントとなっており、遠方からも来る価値のあるイベントであるとも考えております。

開催までもう日も浅い日数となりますが、ぜひブランドに興味がある方、そして私たちが提案する特別なレザーウェアをその目で体感したいとお考えの方はぜひ当店までお気軽にお問い合わせくださいませ。

次回のブログでは私が考える特別なレザーウェア・アイテムを用いたスタイリングをご紹介させていただきます。

それではまた次回の更新を楽しみにしていただければ幸いです。

 

 

John Morishita ジョン・モリシタ
John Morishita ジョン・モリシタAuthor

Garage Eden Ebisu Shop Stylist.