匂いと空気感 / (G.E.H STYLING)

匂いと空気感 (G.E.H STYLING)

今日はスタイリングの紹介です。

いや、おすすめのスタイリングと言いますか、完全な自己満的スタイルに。

▲Model:KONNO / 165cm、54kg

これから本格的な夏に入ろうとしている中、レザーのチェスターコートを使ったスタイリングというのは現実的ではありませんが、個人的に気に入ったスタイルなのでアップさせて頂きました。
(まだ先ですが秋冬の参考になれば幸いです。)

 

 

以下着用アイテムになります。

▲Thee OLD CIRCUS – 9 – / 9-7302 “CHEESE SAND BEACH” / バレットレザー2B拝み合わせフロントロングチェスタージャケット [BULLET BLACK]
着用:サイズ0

主役はもちろんこのレザーチェスターコート。
素材違いになりますが、私物で同型のものを持っており普段からよく着ている1着。
店内でもよくディスプレイに使っていますので、お店に遊びに来て頂いたことのある方はご存知ではないでしょうか。
個人的にもレザーコートの中では最高に気に入っている1着。

 

▲OLD GT / WR-0002 ”oil syanis” / RRK VネックTEE [OLD GRAY]
着用:Mサイズ

インナーにはOLD GTからVネックTシャツ。
ふんわり軽いガーゼ素材が心地よい着心地を有しており、夏場の着用においてとても快適な1着。
どことなく可愛さも感じられるプリントの雰囲気がこのスタイリングにおいて良い抜け感を演出してくれています。

 

Thee OLD CIRCUS ” 1973 ” / 9122 / ” Born Identity ” / 12oz サージストレッチ スリムストレートパンツ [DUST BLACK]
着用:サイズ0

前々回のブログでもご紹介したプッシュ中のスリムストレートパンツ。
シルエット勝負の1本であり、さり気ないオーバーロックステッチがアクセントとなり、シンプルながらも存在感を感じます。
(個人的にも欲しい・・・)

 

Thee OLD CIRCUS ” 1973 ” / CB-016 / SOLITUDE / カウレザーレースアップコンバットブーツ [RANDY RED]
着用:サイズ42

ブーツには”Thee OLD CIRCUS-1973″のコンバットブーツを。
ゴツめな印象を与えていますが、ブランドらしいシェイプを効かせた細身のブーツとなり、シャフト(筒部分)も細く作られているので今回のスリムストレートとのマッチングもよく、足を細く長く見せる為の相乗効果も果たしてくれます。

 

▲Thee OLD CIRCUS ” 1973 ” / 6118 / ON THE BEACH / ミドルブリムレイニーハット
着用:サイズ1

こちらのハットはただいま商品ページを作成中でありますが、”Thee OLD CIRCUS-1973″のミドルブリムハット。
長過ぎないブリムの長さが使いやすく、やや目深なフィット感が妖しげな雰囲気を演出してくれます。
実用面においては夏の強い日差し対策としてもおすすめです。

 

全体的に細く縦長のシルエットを強調させたスタイルで、シンプルな組み合わせながらも存在感のあるスタイルになっていると思います。

レザータイプも含め、こうしたロング丈のアイテムは羽織るだけで体の線を細く見せスタイルアップの効果を得ることができます。
また、雰囲気もガラりと変化させることもできるので、そういった意味でも簡単にスタイリングに変化を与えるアイテムとして楽しんで頂けると思います。

 

ロング丈のアイテムはその丈の長さから「自分に似合うかな?合わすのが難しい・・・」等の理由で避けられる方もいらっしゃいますが、試されたことが無い方(着てみたいと思う方)は是非トライして頂きたいと考えています。

着用するのが初めてでしたら当然慣れていないこともあり違和感を感じてしまうと思います。
ですが、一度慣れてしまえば意外に気にならなくなり自分のスタイルとして取り込むことができると思います。

あとはその1着を本当に着たいという想いが大事ではないかと。

 

僕の場合スタイルの底辺にあるのは音楽的部分が多くあり、中でも好きなミュージシャン達の装いをイメージして考えたりします。

 

今回はザ・リバティーンズの”ピート・ドハーティ”

特別意識した訳ではありませんが、考えていたら無意識の内にこのスタイルに。

 

僕は音楽的部分ですが、これが例えば

「映画のあのワンシーンである俳優さんが着用していたように・・・」

というベースがあってもいいと思い、そうした空気感があれば

“似合う似合わない”よりも”着ることでカッコよくなりたい”に変化していくのではないかと思います。

 

単に着飾るためだけでなく、

そういった匂いや空気感を持って洋服と接することで愛着も増しより洋服を楽しんでもらえると思います。

 

 

Garage EDEN HIMEJI
KONNO

Konno Hiroshi コンノ ヒロシ
Konno Hiroshi コンノ ヒロシAuthor

Garage EDEN Himeji Shop Stylist.