ここ数日非常に好調な「モノ」

 

ここ最近急激に気温が上昇した為なのか、嬉しいことに当店では、ある「マイノリティ」なアイテムが非常に好調で日々在庫が少なくなっております。

そのアイテムとは先日も私のブログでご紹介させていただいたThee OLD CIRCUS -1973 – の2019 Spring / Summer コレクションの新作アイテムである・・・

 

 

 

 

 

>>> Thee OLD CIRCUS ” 1973 ” / 9111 / ” Violet Blue ” / 30/20 ストレッチサテン ディストーションジャンプスーツ [DUST MUSTARD]

1枚でスタイルが完成される異質な存在感を放つジャンプスーツ。

Thee OLD CIRCUSでは古くから継続的にリリースしている作品です。

気温の高い日中では上半身を脱ぎ腰巻にして、気温がグッと下がる日暮れから夜間にかけては上半身に袖を通し気温の変化に備える事が出来る寒暖差の激しい今時期にこそもっとも活躍するアイテムとなります。

 

本日も先ほどまで古くから当店を愛してくれているFAMILYにこちらのアイテムを提案しておりました。

このブランドを古くから愛してくれている方の一人です。

過去にリリースされたジャンプスーツを複数枚所持していて、ふとwebショップをのぞいた時に目を惹きつけたのがこの作品だったと話していました。

「ジャンプスーツが持つ魅力とは?」

そう考えた際に私が最初に思い浮かんだのは「朽ちていく」様を楽しめることだと思います。

本来は作業着という側面を持つジャンプスーツ。
美しいシルエットと佇まいを持つ作品ですが、着用を重ねあえて汚して行くことでさらに退廃感やこのアイテムが持つ無骨さを良い方向へ促すのだと考えます。

また、他のブランドなどではなかなか見られない存在感や着用していて、街中ですれ違ってもまず被らないであろうスタイルも魅力の一つであると私は思います。

1枚のアイテムで身を包む。

一度袖を通すことで訪れるラフでイージーな着用感と、ストイックでスタイリッシュな洗練されたタイトシルエット。

ジャンプスーツを着用した事がない、あるいはこの手のスタイリングにチャレンジしたいと思う方にはぜひおすすめしたい逸品です。

日々在庫も減っていき、サイズ欠けも目立ってきた作品ですので気になっている方はお気軽にご相談いただければ幸いです。

 

John Morishita ジョン・モリシタ
John Morishita ジョン・モリシタAuthor

Garage Eden Ebisu Shop Stylist.