Old & New / 続くWeb Store Up

 

 

ここがヤマバと見ている

 

昨日もバタバタ。

経理、各店への新作発送(そういったのも恵比寿店を預かる僕の役目)、通販の発送(うちの発送はちょっと他のお店さんよりも時間を掛けていると思う)、新作のオーダー(これもまた恵比寿店の僕の役目)・・・などなど。

毎日前日の終わりに翌日のスケジュールを手帳へと書き込む。

項目は15枠までにしているがそれが毎日一斉に埋まる。

こなしていく順番を頭の中で思い描きながら同時進行が可能なものはそれなりに両手で抱えてこれらを進めていき、終わったらチェックマークを入れて終了を告げる。

大体の1日でその項目のいくつかは翌日へとスライドするか、どうしようもない場合は別のA4用紙(これはFAXなどの不要になった紙の裏側を使う)へ一時的に、けれど忘れないように脇へ避けておく。

例えばどうしても来店の少ない平日でなければ進行自体が出来ない項目も出てくるし(例えば店内を使った撮影やスペースを多く使う商品の検品など)その日ごとに優先順位は変動をしたりするからだ。

昨日なんて日もそんな日だった。

慌ただしくあっという間に1日という有限の時間が終わりを告げる。

 

 

忙しくする中でもクオリティ、品質は落としたくない。

むしろ、ここは「山場」と見ている。

 

正直言って新作商品などの Web store へのアップが遅れているのにって思うけれど、手抜きや自分自身が思うイマイチという状態で商品の紹介はしたくない。情報過多の時代なのでこのアップが遅れるのはこれまた正直言って超がつくほど致命的なのは分かっているが、どこかで「どうせ僕の店で買ってくれる人は待っていてくれる」と勝手で身勝手な自負があるのかもしれない。

僕という自分の目を通してどのように伝えたいのか。

各それぞれのデザイナーが大切に想って作ったその作品、モノたちを僕はどのような写真と言葉で伝えることが出来るのか。

 

 

昨日の最後。

すでに夜の時間を過ぎていた時間。

「明日にしよう」

そんな自分への言い訳をして帰宅することも出来たのだけれど、1点だけ掲載をしてその日の仕事を終わりにした。

1点、どうしてもそこでアップをしないといけないと思った。

なんというか、それが「今日」へ繋がるような気がしたから。

 

___   incarnation / インカネーション / 32014-8917 CALF LEATHER BRACELET METAL LOOP [91N / SMOKE BLACK]

 

実際にそれがなにに繋がるのかなんて具体的なことは分からないけれど、ただ自分の気持ちやマインドの問題なのかもしれない。けれど、どうしてもって思ったんだ。

 

でも、やっぱりそれでも足りなかった。

本当はここに着用している写真が欲しかったのにそれが間に合っていなかった。

 

でも、でも、それが昨日のうちに見えて良かったのだと思うしきっとこれが今日への繋がりなのだと思った。

 

 

 

新しいモノたちと古くから変わらない心の在り方。

そんなことなのだと思う。

 

僕が思う大切な伝えたいと想う気持ち。

こういったページはその具現化とも言えるのだ。

 

誰から買うのか、手にするのか。

それでそのモノはそのモノから変わると信じている。

品質は同じでも。

誰かの言葉、誰かの想い、誰かの手。

 

・・・

 

カッコつけて書きましたけど、要はやっぱり間に合っていないということです。(汗笑)

ページへはもっと思い描いた写真をあとから追記、追加していきます。

 

 

 

 

Urano Takahiro ウラノ タカヒロ
Urano Takahiro ウラノ タカヒロAuthor

Garage EDEN shop Editor.