Thee OLD CIRCUS -1973 – / 今時期に提案したいデザインカットソー

 

ここ数日は一気に風も涼しくなり、街中を歩く人の服装も多くが半袖から長袖にシフトチェンジしているように感じます。

とはいえ相変わらず東京では突発的に気温が真夏日あたりまで上昇することもあり、日々どういう服を着用しようか考えることも多くなってきました。

気温が安定しないこの時期の服選びは本当に難しいですよね。

私はもともと基礎体温が高く暑がりな人なので今時期ではロングスリーブカットソーを着用している事が多く、少し肌寒い気温くらいがちょうど良くとても過ごしやすく感じます。

ようやく残暑の終わりが見え始め、秋本番に切り替わってきたこの時期。

当店がセレクトした新作アイテムのラインナップも各ブランドで充実してきておりますが、今回のブログでは今季の新作アイテムの中からデザイン性が高く、単一の着用でも十分にスタイリッシュな雰囲気を放つロングスリーブカットソーを皆様にご提案させていただきます。

 

>>>  Thee OLD CIRCUS ” 1973 ” / 9330 / “Messerschmitt ” / クレイジーカットツギハギ ロングスリーブ [DUST BLACK]

今季のThee OLD CIRCUSは「GUERNICA」という世界観をテーマにしており、いつも以上に繊細かつ退廃的に構築された世界を表現し、一つ一つのアイテムに秘められた物語やメッセージ性などが非常に奥深く、従来のファンはもちろん初めてこのブランドの作品をご購入される方にも非常にご好評いただいているシーズンコレクションとなっております。

私個人としても古くからこのブランドのファンであると自負しており、今季のコレクションを展示会で一目見た際に童心に返ったように高揚した気持ちとなりました。

美しいタイトシルエットやストイックなデザインはもちろん一つ一つの作品が胸に訴えかけてくるような・・・そんな特別な存在感を感じました。

今回ご紹介させていただくカットソーは黒を基調としたワントーンで統一されていながらも実に3種類の素材が入り乱れたクレイジーパターンで構築されており、一見プレーンな表情を持つシンプルなカットソーとなりますが、1枚での着用でも十分な存在感を放ちちょうど今時期のスタイルなどでも活躍するアイテムだと考えております。

 

私個人としても1枚購入し、今時期のスタイリングに取り入れております。
上の写真で着用しているように着丈の長いインナーでレイヤードする事でアシンメトリーに構築された裾の雰囲気が際立ちデザイン性の高いカットソーの存在感をさらに引き出します。

 

このアイテムに用いた素材にはサーマル(ワッフル)、ガーゼ、メッシュの3種類の生地を使用しており、それぞれの生地に意味を持たせているところにも今季のThee OLD CIRCUSが構築する世界観の奥深さと物語性を感じます。

私がこのブランドのデザイナーに「GUERNICA」の世界観や今回の作品に込められた物語についてインタビューをしたところ・・・。

サーマル生地はミリタリー要素=戦場に赴く兵士
メッシュ、ガーゼ素材は負傷者や傷ついた人々を包むための素材であることをイメージソースと考えているそうで、まさに「GUERNICA」の凄惨な世界観を切り抜いて表現する一つのアートピースであるように感じます。

デザインとしてもアシンメトリーなデザインやクレイジーパターン、そしてこのブランドのアイコンディテールであるバッククロスダーツなど多くの技巧を駆使して製作されたデザイン性の高い逸品であり、シンプルに「見せ」ながらもこだわり抜かれた繊細な表情や近年当店が提案しているモードな世界観を感じるスタイルとも非常に相性が良く1枚のカットソーで「絵」になるアイテムとなります。

 

( Fitting Model / ITAU / 177cm 60kg / SIZE 2 )

FITTING PANTS >>> Thee OLD CIRCUS ” 1973 ” / 9155 / ” Far Away Blue ” / C/R ツイル ストレッチ Rot-9 サルエルパンツ [DUST BLACK]

FITTING BOOTS >>> Thee OLD CIRCUS ” 1973 ” / CB-911 / ” Black Sign ” / イタリアンショルダーワンピースバックジップブーツ [NERO]

私個人が最も得意としているワントーンコーディネート。

着こなし方一つで単調な組み合わせに見えてしまう組み合わせですが、細身のシルエットで統一しさらにトップスをレイヤードする事でカットソーのデザイン性を浮き彫りにし黒の割合の多いこのスタイルのカラーバランスを整え当店らしいストイックで繊細なモードの匂いがするスタイルを演出します。

個人的な感覚ですが、やはり今の時期になると黒いアイテムを多用しがちになりついついワントーンでコーディネートしてしまいますが、このカットソーを持っている事でシンプルにバリエーションも広がりますし、また実際に使い勝手の良いカットソーでもあるので非常にオススメしている1枚となります。

早速活躍するシーズンに突入してきたと思いますし、今時期のみならずこれから先のシーズンのインナーウェアとしても万能感を持って組み合わせる子ができるアイテムですのでぜひこの機会にご検討いただければ幸いです。

この商品についてさらに詳しい情報は当店のWEBショップに記載をしておりますのでぜひ合わせてご覧いただければ嬉しく思います。

以下商品リンクと当店のWEBショップへのリンクを掲載致します。

Thee OLD CIRCUS ” 1973 ” / 9330 / “Messerschmitt ” / クレイジーカットツギハギ ロングスリーブ [DUST BLACK]

>>> Garage EDEN Ebisu WEBショップはこちらからどうぞ。

それではまた次回の更新で・・・

 

 

John Morishita ジョン・モリシタ
John Morishita ジョン・モリシタAuthor

Garage Eden Ebisu Shop Stylist.