“MEMENTO” 形見と名付けられたレザーを訪ねて

今回はSIX EYESをお休みにし、いつもと違うトピックをお話しさせて下さい。

Thee OLD CIRCUSというブランドとレザータンナーとの”架け橋”

僕はGarage EDEN HIMEJIのショップスタイリストであり、日々この場所で皆様の洋服やお買い物のご提案をさせて頂いていますが、僕にはもう一つの”やるべきこと”が与えられています。

それは、Thee OLD CIRCUSというブランドとレザータンナーとの”架け橋”役。

僕が住む兵庫県 姫路市や隣町のたつの市というのはレザーの生産が盛んな地域であり、偶然にも僕が姫路に住んでいることと僕自身もレザーというマテリアルを愛し、慣れ親しんでいたことからブランド側からこの”架け橋”役を任されることに。

ブランド側の要望を伝えタンナーさんと協議を重ねることで、一つのレザーを仕上げていく。
一見、伝えるだけで簡単にも思えるが、そもそも両者のフィールドが異なる為、相互理解を得るのに困難な場面もあります。(レザーと洋服、モノづくりという観点では同じだが、両者のプロセスが異なるという意味)

それらをまとめブランドとタンナーさんとの関係性を深めることで、素晴らしいレザーを生み出す為の”架け橋”に。

それは僕たちが考える最高のレザーマテリアル、最高のレザーウェアを作り上げる為の重要な立ち位置であると考えます。

 

先日、”あるレザー”が出来上がったとタンナーさんからご連絡を頂き、姫路市の隣町であるたつの市へ。

前述の通り、たつの市も日本国内において有数の皮革産業地帯であり、この地区一帯にも数多くのタンナーさん、そしてそれらを加工する企業が多く存在しています。
兵庫県にはこうした姫路市とたつの市の2大皮革産業地帯があり、国内のレザー生産数の約70%を占めていると言われています。

そこで今回は数ヶ月前から依頼していた”あるレザー”の確認へ出向きました。

 

その、”あるレザー”というのは、Thee OLD CIRCUS-“9″(ジ・オールド・サーカス_ナイン)シリーズの今年のAW(秋冬)モデルに使われるレザー。

画像は牛革のキップ(生後6ヵ月から2年くらいの中牛革)であり、キメが細かく滑らかな質感が特徴。
鞣しはベジタブルタンニンで行われる。

「ベジタブルタンニン鞣しとは・・・」
植物タンニン(柿渋など)の天然素材で鞣す工程であり、それを用いられた作品はエイジングを楽しんでもらうことができ、レザーの仕上がりも透明感のあるものに。

 

このレザーにブランド側は“ソフトな質感 “を要求され、タンナーさんサイドで試行錯誤が繰り返された。
タンニン鞣しのレザーは一般的に”硬く”ハリがあるレザーであるが、これに対し”ソフト”にするというのは矛盾しているように思える。
(このオーダーの経緯に至ったのは、試験的に製作したこのソフトタンニンレザーのサンプルがブランド側の目に止まり、本生産を依頼することに。)

タンニンレザーの経年変化を実現でき、尚且つソフトな質感を手にすることができれば、ウェアに落とし込んだ後、経年変化、着用感などが大きく変わり、従来のタンニンレザーに対する概念が覆される。

そんな可能性を導き出したレザー。

 

タンナーさんは未完であるこのレザーに対し、テストを繰り返すことでブランド側が希望する表情、質感にまで仕上げることができた。

良い革ができたと思う。革の状態ではわからないが、この革が洋服になったときどんな姿に変わるのかが楽しみです。
と、代表は語る。

一切妥協することなく取り組んで頂いたことに感謝の言葉が尽きない。

“Garage EDEN Himeji”のショップスタイリストという傍、ブランドとタンナーさんの革のオーダーの架け橋を務める自分にとっても楽しみなレザーでありました。
多くは語れませんが、今年のThee OLD CIRCUS-“9″も非常に楽しみであります。

 

まだ、本格的な夏を迎えていませんが、気分はAWに傾きつつあります。
ご期待頂いて損は無いラインナップになりますので、今後の入荷をお楽しみ頂ければ幸いです。

19AW商品について、ご質問ありましたらお気軽にお問い合わせください。
店頭では資料をご用意しておりますので、そちらもご覧頂くことができます。

 

次回のブログはSIX EYESによるブランド、アイテム、スタイリングの紹介に戻ります。
こちらも楽しみにお待ち下さいませ。

そして、明日 7/8 (月)はメルマガ配信の日となっております。

BOSSウラノのブログでもアナウンスがありましたように、8月4日(日)にてincarnation 10th Anniversary ” one day session “が開催されます。

incarnation 10th Anniversary ” one day session “についてはこちらからどうぞ>>>

インカネーション、デザイナーであるOGAWA氏と我らがBOSSウラノとお会いすることができ、たった1日だけの特別な時間とインカネーションの作品達をご覧頂ける企画になります。

こちらの開催場所や詳細については当店のFAMILY様のみに限らせて頂き、メルマガ登録、もしくは当店のメンバー登録をして頂いた方のみのご案内となりますので、是非この機会にご登録頂けますと嬉しく思います。

>>> Ebisu 店のメールマガジン登録はこちらからどうぞ

>>> Ube 店のメールマガジン登録はこちらからどうぞ

>>> Himeji 店のメールマガジン登録はこちらからどうぞ

 

それでは今日はこの辺で。
ありがとうございました。

 

-Garage EDEN HIMEJI- SNS

このブログをアップした後に各店がインスタの方にも投稿しますので、そちらも是非チェックしてみて下さい!
同じアイテムに対し3人の異なる視点と感性で表現されますので、恵比寿、宇部と見比べながら楽しんで頂けたらと思います。

“Garage EDEN HIMEJI” instagramはこちら>>>

 

毎日、更新して参りますので是非楽しみにして頂けたらと思います!
その他、フェイスブック、ツイッターもやっておりますので、そちらも是非チェックしてみて下さい。

“Garage EDEN HIMEJI” facebook>>>

“Garage EDEN HIMEJI” (KONNO個人) twitter>>>

Konno Hiroshi コンノ ヒロシ
Konno Hiroshi コンノ ヒロシAuthor

Garage EDEN Himeji Shop Stylist.