Thee OLD CIRCUS – 1973 – / ’’Beginning” _ THEE SIX EYES

 

本日のブログを持って今週各店でフォーカスするアイテム紹介は一段落し、明日からは今週紹介したアイテムを駆使したスタイリングへと移行致します。
3店舗合同プロジェクト「THEE SIX EYES 」も5日目。
1週目の最後を飾るアイテム紹介でフォーカスするのは私個人も普段から愛用しているアイテムであり、あらゆるシーズンで着用可能な「ロングベスト」をピックアップ。
当店では通年で着用可能なライトアウターとして提案しており、大変使い勝手が良く利便性も高いベストを継続的にご提案させていただいております。
気温が高くなり始めるこの時期、Tシャツ+ボトムスなどのシンプルかつ単調なスタイリングに傾倒しがちです。
しかし、そんなシンプルなスタイリングでもこのロングベストを組み合わせる事でスタイリッシュで繊細な雰囲気に仕立てる事が可能となります。

スタイリッシュなロングベスト、その魅力に迫る

 

ロングべスト。
それはメンズスタイルに置いて目立ちにくい存在だと私は考えております。
レディースウェアであるイメージが強くフェミニンな印象が強いアイテムだと考えられているからです。
決してメジャーな存在ではないロングベスト。
まさにマイノリティを象徴するアイテムであると言えるでしょう。
今回フォーカスしたロングベストは女性的でフェミニンな印象を与えず、非常に無骨でストイックな印象を演出します。

>>> Thee OLD CIRCUS ” 1973 ” / 9131 / “Beginning” /コードストレッチロングフードベスト [DUST BLACK]

ミリタリーライクな素材感で構成されており、さらにゴツさを残しながら厚手過ぎず薄過ぎずの生地厚の為メンズらしい雰囲気を作り出しているからフェミニンな印象にならないのです。

さらにハイネック+フーディ仕立てのデザインとなっており、フロントを開けた状態で着用することでまるで立て衿したようなストイックな表情感を構築するフォルムのため色気のある佇まいを演出します。

ファスナーの引き手も大きめなパーツを選んでいることで無骨な印象を演出しております。

細部まで徹底的に拘っており繊細に作り込まれている逸品です。

今時期にオススメしたい理由。

それはやはり長時間着用していても暑くならず快適な着用が出来る所であると私は考えております。

コードストレッチ素材という表面がタテ畝している生地を用いており、ドライな質感と確かな通気性を確保しているため長時間着用していても蒸れ辛く快適な着用感を実現します。

「タテ畝」しているというのがポイントで表面が細かく凹凸している事で生地が肌に触れる面積が少なくなる為、熱が篭りにくくなり清涼感感じる事が出来る着用感となるのです。

またこのベストには裏地を貼り付けていない軽量仕立てにもなっているためまさに今時期に最適なライトアウターの一つとして活躍が想定されます。

私も個人で所有しているこのベスト。

ちょっとしたお出かけの際に羽織ることが多いですね。

確かな深さのあるポケット構築になっていて財布やスマートフォンを入れていてもまだゆとりがあるためバッグを持つ程では無い日などに大変活躍しております。

写真上のようなファスナーをネック部分だけ閉じる着用スタイルもおススメです。

私が得意としているスタイリングテクニックの一つなっており「Aライン」を作り出しスタイルバランスを美しく魅せます。

ハイネックデザインのストイックな表情。

この退廃的な雰囲気が非常にThee OLD CIRCUSらしいニュアンスで当店を古くからご愛用頂いいているFAMILY様にはきっと好みだと思ってもらえるスタイルかと思います。

流れるような細身のロングシルエットは身長をコンプレックスとしている私の体型をカバーし細長く魅せる視覚効果も演出します。

こう言ったバランスのアイテムは探してみると思いのほか見つからず希少な存在なのではないでしょうか?

フーディ部分もただの装飾というわけではなく、深く被る事が出来る構築となります。

実際はあまり被ることはないでしょうが、梅雨入り前の今時期では急な雨に見舞われることも多くなってくるかと思いますので傘を持っていない際の緊急措置の一つとして活躍するかと思います。

黒を基調としたスタイルにフーディを合わせる絶妙な妖しさを演出しますが、個人的には全然嫌いではないですね。

むしろ退廃的な印象を加速させる雰囲気を持っているため、当店が提案している退廃的で無骨なスタイルイメージにも近いかと考えております。

「始まり」と名付けられたロングベスト。

題名には様々な意味が内包されているかと思いますが、ストイックな男のスタイルをへ向かう「始まり」のアイテムとして相応しい作品であると思います。

今時期のスタイルを味付けするロングベスト。

実際に袖を通すことで新たな世界が開くかもしれません。

私とともに「格好良さ」を追求してみる旅を始めませんか?

明日からは冒頭にも書いたように今週フォーカスしたアイテムを用いたスタイリング紹介を致します。

>>> 今回ご紹介したアイテムはこちらからどうぞ

今週なぜこのアイテムたちをフォーカスしたのか、その理由も明らかにしたいと考えておりますのでぜひブログの更新を楽しみにして頂ければ幸いです。

またこの「THEE SIX EYES」プロジェクト中はブログを投稿した後に当店のinstagramにもリンクした内容をアップ致しますのでぜひそちらもチェックして頂ければ嬉しく思います。

それではまた明日の更新でお逢いしましょう。

Garage EDEN Ebisu – SNS –

________________________________________

>>>   Garage EDEN Ebisu instagram

>>>  Garage EDEN FaceBook

>>> Garage EDEN Ebisu メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

>>> Garage EDEN 総合WEB SITE

John Morishita ジョン・モリシタ
John Morishita ジョン・モリシタAuthor

Garage Eden Ebisu Shop Stylist.