完全な透明と完璧な暗闇の間の話

僕らはその隙間を


なんだか毎週書いているような気がするが、日曜日は早起きが決まり。

別に決めているわけではないけれど勝手に目が覚める。

いや、寝れないだけのことだけれど。

 

5時に起きてしまってから経理の事務仕事や明日発送予定の商品の宛名書きやお礼状書きをしばし。

 

朝陽が射してきたベランダでタバコを片手に時間がなくて読み進めれていない小説を。

 

降りてくる瞬間というのがある。

それはとても特別な時間なのだけれど、それがいつやってくるのかは僕にはわからない。

 

僕は(少なくとも僕には僕のことすらもわかっていないのだけれど)きっと、完全な透明と完璧な暗闇の隙間を生きている。生かされている。

隙間の旅。

 

個人のブログを開いた。

実に1年ぶりのことだったみたいだ。

phpが崩れていてひどい文字が散乱していたけれど、さすがに今は直す気力と時間が足りない。

— uranotakahiro.com

 

Camera / Leica _ M Typ240 _ Lens / leica _ Summicron 35 mm f2.0

 

灰色って好きな気がする。

隙間っていうのが救いのような。

そんな気がする。

 

Camera / Leica _ M Typ240 _ Lens / leica _ Summicron 35 mm f2.0

 

好きなものが減った。

沢山ではなくなった。

それでいい。

それがいいと思うようになった。

 

Urano Takahiro ウラノ タカヒロ
Urano Takahiro ウラノ タカヒロAuthor

Garage EDEN shop Editor.