同情ではなく共情を / そして愛のあるパンケーキを / RADIOを

そんなコトバは無いけれど


 

同じ場所で同じ気持ちでそれを過ごすことは出来ない。

僕は少しも被災などしていないから。

だから同じ気持ちを持つことは出来ない。

 

だけれど、縁あって触れ合い気がつけばありがたいことにその細い糸は10年という時間を紡いでくれた。

この糸が途切れないように。

途切らせないように。

 

震災に感謝など出来ない。

もちろん。

無ければこんな悲しい気持ちにはならない。

 

けれど、震災がなければ出逢うこともなく。

この糸に巡り合うこともなく。

今はそう考えることが出来るようになった。

 

「同」は出来ない。

でも

「共」

それなら出来るような気がした。

 

ビデオの中でおかあさんも言っている。

 

「これからが本番なんだよ」

 

まさしく。

そう思っていた。

実のところ震災直後から。

悲しいけれど日々風化する。

ありがたいことに、人は悲しい記憶すら時間が薄めてくれるから。

だから少しづつ。

少しづつ、その場に通う人は減り、その心に寄り添う、寄り添える人も減る。

それが時間。

善きにつけ悪しきにつけそれが時の洗礼なのだと思うのだ。

 

だから僕は通うと決めた。

通うことで、それはいつか腐れ縁の如き糸になると。

細い糸も絡み合えば紡ぎ合えると。

そう、想ったから。

 

僕の心は弱くて薄情、そしてバカだから。

口に出して自分自身の背中を押す。

だからそうしていないといけないんだ。

おかあさんのように毎日は祈れない。

だからせめてモノで繋がる。

 

そう、繋がるんだ。

 

運転をしながら ” RRR ” 用の撮影をしました。

風景とかは固定なので別に観なくても良いと思います。

そもそも ” RADIO ” 的なことがやりたいと思っただけ。

(前半はマイクの方向がイマイチで音声がひどい)

 

無駄に時間が余っていたら聞いてみてください。

 

 

 

愛のあるパンケーキを


 

遅くなりました。

色々と予定がいつも通りにうまくいかなった。

これまた情けなし。

 

 

 

別に「愛する誰か」は自分だっていいんだよ。

 

いや、むしろ自分を愛せないとね。

 

そして、昔(それが僕を読書の沼へと引き込んだきっと最初の1冊)読んだ本に僕のその後の生き方のヒントをくれた言葉がある。

 

「自分を愛すことが出来ない人は他人なんて愛せない」

 

まぁ、五木寛之です。(渋いね。17歳の俺)

 

ちょうど震災とも少しだけ絡めて言うなら、それも同じ。

僕は僕が認める人間に「なりたい」といつも思っています。

いつもいつもまだまだ全然のダメ男です。

だからそうなりたい、という気持ちを持っています。

そして僕が目指す僕の理想像へ向けていつもこんなんですが全力で毎日を駆け抜けていると思っています。

そんな僕が僕に言います。

 

「お前ここで東北へいかなかったらダサいぜ、カッコ悪いぜ」

 

って。

まだまだ自分を隙間なく愛せるなんて言えないですが、少しづつ。1ミリの1/10くらいづつでも好きになれるようにって努力してるつもりです。

それはつまりもっと他人(もちろんそれは主にカミさんとワン子供と皆さんを)を愛せるようになりたいと思うからです。

 

もうすぐ、ホワイトデーですね。

おかげさまで先週の放送を観て下さった方から早速「作ったよ〜」という写真なども頂きました。せっかくなのでホワイトデーが終わったらまとめて掲載しましょうね。(だからまだまだ募集中ですよ)

 

 

 

先週の放送が終わったあとにフラフラながらも、せっかくなのでブログ用に写真まで撮りました。

自画自賛で恥ずかしいですがなかなか良い感じ。(笑)

うん。

愛があるね。

 

 

いわゆる「素」と呼ばれるお粉はそれはそれは大きな企業さんがしっかりと企画検討してリリースしてますので、レシピ通りに作れば美味しい!に決まってる。

 

そうしたらその後に大切な「ちょっとした味付け」です。

 

そう、それがつまりセンスです。

 

「E」(カッコいい)のふりかけエッセンスですよ。

 

重要なのは Youtube 内でも喋っている通り

 

・お皿のチョイス

・ちょいっとした色合い

・盛り付け感

 

たったこれだけ。

復習的に言うと、この大きめのお皿は100円ショップで200円とか300円で買ったやつ。(DA◎SO?)

 

 

 

 

石に似た(というかたぶん石)お皿も同じく200円だったと思う。

黒が背景だから白が際立つので「粉糖」とかをちょいちょいっとするといい感じでオススメ。

 

個人的には黒いお皿はステーキとかをややレアで載せると赤い色とのコントラストがきれいになります。(その場合は岩塩をなどをパラパラっとして+クレソンやベリーリーフなどの緑の葉物を少し添えるのもオススメ)

 

「デザイナーだからそういうの上手なんだよ」

 

とかとか。

平然と言う人がいますが。

 

「まぁね」

 

とお返事しましょうか。(笑)

 

いやいや、そういうことじゃないのだ。

つまりこれは慣れと向上心だと思うのです。

 

「想う心」

 

と、ちょっときれいに表現しても良い。

 

あなたのお仕事なんですか?

僕があなたの仕事を今日いきなりやってもうまくいきっこないです。

そうでしょ?

 

毎日懸命に向上しようとあなたはお仕事をしていると思います。

いきなり僕があなたの職場で「僕にも出来る」と言ったら『バカにするなよ』ってなるでしょ?

別にそれと一緒。

誇りを持ちましょう。

それのベクトルと変えたら料理だって出来るのです。

(というか僕がまだ素人ですが・・・)

 

愛してる自分自身が大切に想う誰かの為に作る料理

 

もちろん失敗するでしょう。

色々と最初のうちは。

きっとなんだってそうなんだ。

 

被災地通いだって最初からずっと躓いてるもん。

そういうもの。

道にも迷ったし。

でも、真っ暗闇でも細い光でも。

通えば憶える。

向こうもこっちを憶えてくれる。

 

続けたことは身につく。

身についたことは簡単には忘れない。

 

料理も人も。

想いも。

根っこにその気持を生やしてしまえば、ある意味で楽になる。

そういう自分に自然と馴染む。

あとは自分自身に水をあげて葉を伸ばそう。

 

愛のあるパンケーキももしかしたらそういうものに似ているかもね。

きっと世界でパンケーキが愛されてるのはそういうことなのかもしれないね。(違う?)

 

シリアスとユーモア。

出来ればそのミックスもちょうど良いバランスだと美味しいかもね。

 

そうそう。

 

「やってみたけど出来んです・・・」

 

そんなメールも頂きました。

 

・・・

 

ハッキリいいましょう。

 

僕はもう20回くらいは最低でも作ってますよ!!!!!!!!

 

そういう人柱的な努力の上であの動画をリリースしてますから。(近道)

ぜひぜひ普段あまり使わない言葉ですが・・・

 

「がんばって!!!」(笑)

 

復習の方は以下をどうぞ

 

 

では皆様の力作をお待ちしてます。

そして明日のライブもTシャツとタンクトップの御予約もお待ちしております。

 

久々だいぶ長いブログになりました。

 

素敵な世界が待ってます。

 

 

Urano Takahiro ウラノ タカヒロ
Urano Takahiro ウラノ タカヒロAuthor

Garage EDEN shop Editor.