歩くこと、その足を留めないこと

ここ数日は音楽ネタ。

なんでだろう?

理由なんてきっといつもないのだけれど。

 

洋服をメインに商売をして売物としているけれど、それはきっと自分自身のバックボーン、背景やその色合い。そういったものが全てが重なり合って層になって。そういう中から産まれたモノであり、形である。

 

で、あればやはりそのマインドや全てが売物だと言えるのとも思っている。

 

 

 

音楽がもっと輝いていた時代があった。

もちろん今だってそうだろうけど、感受性も強かった自分自身の年齢もあってのことかそういう時代があったと信じているのだけかも知れないが確実に自身にとってはそういった確かな時間があったのだと思う。

 

MONDAY満ちる、確かなボーカリスト。

背景も良かったね。

大沢伸一(MONDGROSSO)や小気味よいダンスミュージックのバックグラウンド、ハウスも絡んだ絶妙な音源が生まれた時だったように感じる。

まさかね。

あの BIRD が今やみうらじゅん(先生)の奥さんになるだなんてあの頃に誰が予想しただろう?(笑)

 

あー、夏が過ぎ去る。

山下達郎と真心ブラザーズを聞いておかないとだな。

 

さてさて、今日もがんばるぞ。

T.M.G.E ブーツメンテの章三部作ラストです。

明日からはようやくちゃんと新作の紹介もしていきますのでぜひそちらもお楽しみに。

 

 

Urano Takahiro ウラノ タカヒロ
Urano Takahiro ウラノ タカヒロAuthor

Garage EDEN shop Editor.