Downtown Train

本当は今日はちょっとまた昨日に続いて告知を書こうと思っていたんだけれど、週末のライブ、仕事があまりにも多く、大きくて。

昨日はなんだかんだとまた自宅に戻ったのは随分と遅い時間でもあった。

疲労の蓄積は自分でも正直驚くほどだけれど、今月は言葉にならない別のエネルギーも内側から湧き上がってくるようなものも感じる。

とは、言え年齢も考えればそれは単に体の頭部だけの問題で実際には転がり込むように布団に入ったら今日は驚くほどあっという間にそこにはもう朝が在った。

目が覚めてからは昨日の夜に連絡を貰っておきつつもお返事が出来ていなかったLINEやメールの返信からそれにまた返事を貰いながらそれを返してその隙間にまたこのブログを書いたり。

そして今日はまた朝から少し荷物の返却などへ向かってから店へと向かう。

あぁ、行ったり来たりの電車みたいだ。

操車場から出て街を巡りまた操車場へ。

 

涙が出るほど好きな唄。

Tom Waits

心が締め付けられるのと同時に、得も言われぬ力が湧き上がる。

フッと思うと車の中で選曲している。

劇中歌のような唄が多い彼の中でもまたステキな感じ。

ラスト、涙を誘うマーク・リボー(だったと思う)のギターが儚くて良い。

本当に電車の後ろ姿、小さな汽笛のように聴こえる。

 

さて、今日も T.M.G.E は引き続き公開。

レザーの話の続き。

 

 

新作 T.M.G.E の撮影も今日はあります。

 

そして、明日か明後日にはちゃんと別の告知が打てると思う。

そっちはこれまた結構大切だと思っているお知らせ。

手紙は届いたかな?

出来ればその心にも届いてくれたらいいなって思っています。

Urano Takahiro ウラノ タカヒロ
Urano Takahiro ウラノ タカヒロAuthor

Garage EDEN shop Editor.