My “Jim” Bag


My “Jim” Bag

 

7月1日からプラッチック製レジ袋の有料化がスタート。

自分はそれまで買い物時にマイバックを持つ習慣は無かったが、これを機に買い物用にこのバックを買いました。

one FAMILY / F-405 / ” JIM ” / JIM BAG _ CLOTH BORDER [CLOTH BORDER]

そもそもこれは買い物用ではありませんが、物もたくさん入りますし(旅行1泊分の荷物はあっさり入ります)こうしたボンサック型のデザインも何だか男らしくていい。
(“あしたのジョー”に出てくる「矢吹 丈」みたいな?)

当然ですが、うちの服とも合うのでスタイリングのアクセントにもなります。

 

僕は普段からモノトーンのスタイルが多いので思い切ってボーダーにしました。
小物はこのくらいインパクトがあってもいいかなと思い。

▲中身は2Lの水と1Lのコーヒー、パーティーサイズのお菓子もスッポリ。

 

ちょっとしたことですが、こうした日々扱うものもできればカッコいいものがいいと思う。

 

そしてこのバックは2011年の東日本大震災の時に南三陸町で津波被害に遭った「おかあさん」たちが一生懸命作って下さったもの、想いのこもった温かみのあるバックです。

“One FAMILY”の活動についてはこちらからご覧頂けます>>>

 

ボーダー柄の他に”無地”や”カモフラ柄”、”ベルベット素材”のものもありますので、自分に合うしっくりくるものが見つかるのではと思います。

是非お試し下さい。

One FAMILYのアイテムはこちらから>>>

 

 

 

Garage EDEN HIMEJI ONLINE STORE>>>

 

Garage EDEN HIMEJI
KONNO

Konno Hiroshi コンノ ヒロシ
Konno Hiroshi コンノ ヒロシAuthor

Garage EDEN Himeji Shop Stylist.