“Thee OLD CIRCUS / Archive Collection-Bottoms” シンプルスタイルを存在感のあるものに

“Thee OLD CIRCUS / Archive Collection-Bottoms” シンプルスタイルを存在感のあるものに

今週は数回に分けて”Thee OLD CIRCUS / Archive Collection”で展開中のパンツの一部アイテムを画像と紹介文の内容をリニューアルしアップして参りました。
もともとサイズやカラー欠けがあるシリーズではありますが、新しくリテイクすることでアイテムそれぞれの魅力を再発見して頂き、自分にとって気分が上がるものやスタイリングの幅を広げてくれるものを見つけて頂けたらと思います。

 

▲Thee OLD CIRCUS ” 1973 ” / 6161 / WWR / グリストーンサテンスパイラルパンツ [DUST CHARCOAL]

ブランド内でも定番化しつつある「Rot-9型パンツ」に近いシルエットになり、パンツの裾にはファスナーが配置され、開閉して調節することでストレートからブーツカットシルエットにすることもできます。
本来パンツの外脇に存在するシームラインを無くしスパイラル状に引くことで特徴的なカーブシルエットを表現しており、また味付けとしてパンツの内股部分にはタックが設けられています。
この部分は着用によってドレープが形成されるようになっており、より奥行きのあるシルエットを表現する重要な部分であります。

 

 

▲Thee OLD CIRCUS”1973” / 7142 / BLACK LIGHT / N-1型シルエットAK素材ストレッチミリタリータックパンツ [DUSTY BLACK]

「N-1型」と呼ばれるブーツカットシルエットモデル。
こちらはブーツカットではありますが、Thee OLD CIRCUSのエンジニアブーツのシャフトにギリギリ被せることができるフレア具合を取っており、実際にエンジニアブーツと合わせて穿いたシルエットはストレートに近い印象を受けます。
また、その緩やかなフレアシルエットにより下半身に対する影響は大きく、ストイックな雰囲気を作り出し確実にスタイルをよく見せてくれます。(足が長く見える)
そして、こちらのモデルでは膝付近に”タック”が設けられ可動範囲が広げられている点と、着用によってドレープが形成されるのでスタイリングに立体感もプラスされます。

 

▲Thee OLD CIRCUS ”1973” / 8389 / “Soloits” / ストレッチFAK カスタムリペア加工N1ブーツカット [DUST STEEL]

こちらも「N-1型」をベースにしたモデル。
先ほどのものと大きく違うのは大胆なクラッシュデザインとクラッシュ部分の内部やバックポケットに配置されたレザー使いです。
圧倒的な存在感があることは言うまでも無く、スタイリング面でも大きく変化をつけてくれる1本であると考えます。
穿きこむごとにクラッシュ部分の残された横糸がほつれていき、やがて内部のレザーが顔を出します。
こうした変化を着用毎に感じて頂けるので、スタイリングの変化と共に育てる楽しみも感じてもらえるパンツとして仕上がっています。

 

▲Thee OLD CIRCUS ” 1973 ” / BELL-KS / BELLS / ストレッチFAK BELLスタイルパンツ [DUST BLACK]

「BELL型」と呼ばれるワイドシルエットパンツ。
BELL型は中でもいくつかバリエーションがありますが、こちらは中でも最もワイドなシルエットを有したモデルであり、Thee OLD CIRCUSの中でもミリタリー色が強く且つ男らしいワイルドな印象を演出してくれます。
ワイドではありますが、腰回りはタイトなシルエットになり、腿〜裾までにゆとりを持たせています。
ただ、ストンと落ちるようなワイドシルエットではなく、このパンツにも膝に”タック”が設けられていて、着用によって膝下からクシュクシュとしたドレープを形成し、立体感とより無骨な表情を演出してくれます。

(アイテムの詳細は各リンクよりご覧下さい。)

 

実はこれらのパンツには全て”共通項”があり、その中からよりお客さまのスタイルに近いものを選んで頂くことができればと思い、これらをピックアップしました。

その”共通項”というのは全てのパンツが単体での存在感が非常に大きく、シンプルなトップスと合わせても存在感を演出できるというもの。
早い話が一例として、”カットソー”+”これらのパンツ”でスタイリングが完結するということ。
これらはパンツのディテールが特徴的なものであり、意図的にドレープを作り出す為の”スパイラルデザイン”や”カーブシルエット”、タックなどが用いられ、穿くことによって独特なパンツのシルエットが形成されます。

このシルエットやデザインこそが、これから気温も上昇していく中で必然的にスタイリングが簡素化してしまう中、シンプルなスタイリングをより1歩2歩上をいく奥行きのあるスタイリングとして演出して頂けるのではないかと思っています。

Archiveアイテムの為、どのアイテムもサイズ欠けが生じていますが、ピンと来るものがございましたら是非お試し下さい。

 

Garage EDEN HIMEJI オンラインストアはこちらから>>>

 

Garage EDEN HIMEJI
コンノ

Konno Hiroshi コンノ ヒロシ
Konno Hiroshi コンノ ヒロシAuthor

Garage EDEN Himeji Shop Stylist.