とあるタクシー運転手 _ ebisu

 

 

正直全然「売る為」の仕事に時間が回らない

 

「売る」のが仕事。

 

人が来れない「こんな時」。

 

では他に売る手法はどうしたって通信販売ということになる。

特別なほどにそれにチカラを入れてきた店ではなかったからある意味ではここはそういった仕事に時間を割かないといけない時。

しかし、どうしたって毎日そこに追いつかないのが正直なところ。

 

それでも歯を食いしばって「ここ」を失くさない為に考える。

必死にもがくしか今は出来ない。

 

そして、同時にその売るための時間よりも大切に考えたいと思うことがある。

もちろんマスクの配布がそれだ。

 

まるっきり知らない人から「マスクあるのであれば欲しいです」

そんなメールを頂く。

『もちろん』

 

「〇〇さんから聞きました」

 

『もちろん』

 

そして。

 

「お久しぶりです。もし可能ならしばらく買い物は出来ていないですがいいですか?限界で・・・」

 

久しぶりに連絡をくれたのは、以前に店まで遊びに来てもらっていたりしていた方。

当時とは職場が変わって今はタクシーの運転手。

「人は乗らなくなりましたけど、それでも毎日マスクはつけないとなんで・・・」

とのこと。

 

『もちろん』

 

偶然見つけてくれて貰ってくれる今まで全くうちや俺を知らない人。

今はうちの洋服などのスタイルと合わなくなって買い物はしていないけど、昔は買ってくれていた人。

どっちも関係ない。

 

だけれど、昔に繋がった人には特に必要なら貰って欲しい。

だって、その時に俺はその人から恩を受けているから。

今それを返したい。

 

また同時に、この状況下で店をいつまで続けられるかはもう分からない。

このままなら長くはないってことだけは分かってる事実。

でも、この店を今まで続けることが出来たのは「今」買ってくれている人、「昔」買ってくれていた人、そして「まるっきり知らない人」。

つまり全部の「みんな」なんだ。

 

だからマスクは無料、誰でも良い。

そういう風に思うんだ。

 

今買い物してくれる人、昔買ってくれていた人。

SNSってこういう時に助かる。

昔の付き合いもそのまま残っていたりするから。

それに依存なんて全然しないけど。(笑)

 

そんな訳で遠慮はいらんよ。

言いたかったのはそんなこと。

うちのお客さん。みんな心が素敵な奴が多いから遠慮がちな人が多い。

「必要なところへ先に」と皆言ってくれる。

もちろんそれもありがたい。

けれど、その想いはきっと届くから大丈夫。

自分自身を守ることはどこかで他人を守ることに繋がってるし、他人を守るのであれば自分自身が守れないような奴にはなっちゃいけない。

だからね、遠慮はいらんのだよ。

 

・・・

 

ついでに、遠慮せずに他の買い物もどうですか?(笑)

 

 

さて、夜までに中継ネタをどうにかせねば。。。

やばいぜ。

 

___ Garage eden YouTube チャンネル (まじでお願い!登録よろしく!1000人いかんとスマホ配信ができん!)

 

今日 4/11 土曜日 20:00 〜 スタートです!

 

 

* 冒頭写真は確かタクシー運転手は俺んたと同じ SR 乗りだった気がするから載せてみた(YAMAHA SR 500 / KOGURE号)

Urano Takahiro ウラノ タカヒロ
Urano Takahiro ウラノ タカヒロAuthor

Garage EDEN shop Editor.