john’s Private /たまには雑記がてら映画紹介でも・・・

夏も間近だというのにまるで秋のように冷えた日々。

東京ではほとんど毎日雨に覆われた時間の方が多くなっております。

こうも雨が続くと休みの日にどこかへ出掛けることも億劫になってしまうかと思います。

個人的なお話となりますが、普段あまり休みそのものを取りませんが、先日久々にお休みを頂きました。

今回のブログでは私個人の日常を切り取り、いつもとは趣向を変えて映画を一本紹介しようと思います。

Garage EDENの店頭に立ってからはお休み自体が少なくなってしまった(悪い意味ではありませんので悪しからず笑)ためここ2年ではめっきり映画鑑賞が少なくなって来ましたが、前職まではほぼ毎日映画を1本観ていて自称ですが映画好きなんですよね。

特に洋画が好きでアクション、サスペンス、歴史物などなど・・・幅広いジャンルの映画を観ていました。

ただ・・・ここ最近の映画はほとんど観れていないのです。

先日の休暇では本来であれば予定があったのですが、急遽その予定も特に泣くとても珍しいのですが、1日何もないお休みを過ごしておりました。

ちょうどその日は妻が個人的な用事で家を開けていたので完全に一人きりのお休み。

思い返してみればこの2年近く一人で休む休日はなかったように思います。

 

映画紹介「レ・ミゼラブル」

 

舞台はフランス革命後。人々は厳しい貧困にあえいでいた。

ジャン・バルジャンは貧困の中、妹の子供を助けるためにたった一つのパンを盗み、投獄されてしまう。当時のフランスで窃盗は重罪だった。

19年もの刑に服したジャン・バルジャンはついに仮釈放になる。
しかし、服役していた事実を消せないため、方々で虐げられていた。

ある時ジャンは修道院の世話になるが、そこで彼は銀の食器を盗み出してしまう。警察に捉えられるが、司教は「それは差し上げたのだ。銀の燭台を忘れていったよ」と、2つもの銀燭台と差し出される。

ジャンは衝撃を受け、今までの行いを悔い改めて正直に生きてゆくことを神に誓う。

それから8年後、名前を変えて成功したジャンはある市の市長にまで上り詰めていた。しかし、ジャンが経営している工場で働く女性フォンティーヌが同僚のいじめによって窮地に立たされて首にまでなった時、彼女に何もしてやらなかった。
その時、ジャンはジャンで危機的な状況にあった。服役中の刑務官ジャヴェールがジャンの元へ、警察としてやってきてしまったのである。

ジャヴェールはジャンの事を疑っていた。

フォンティーヌには幼い娘がいた。思いつめた彼女は、髪や歯を売り、ついには売春婦にまで身を落としてお金を稼ごうとしていた。
その事を知ったジャン・バルジャンは罪の意識を感じ、彼女と娘を救おうと決める。

そんな折、ジャンの元にジャヴェールがやってくる。彼が言うには、「行方不明になっていたジャン・バルジャンが逮捕された」との事。別人がジャンとしてとらえられてしまったのであった・・・

非常に重くどんよりとしているテーマ・題材となっており、映画一本観るのに多大なエネルギーや集中力を必要としますが、観終わった後の達成感や感動を強く感じる作品です。

もちろん人それぞれ感性があるかと思いますが、個人敵機にはこの10年で最も感動し涙を流した作品です。

劇中流れるアン・ハサウェイが唄う「I Dreamed a Dream (邦題:夢やぶれて)」(スーザン・ボイルが歌って随分前に大きく話題になりましたね)なんかは日々ヘビーローテで聴いています。

絶望感、悲壮感、そして過去に存在していたほんの少しの夢や希望など様々な感情が混ざり合った歌詞と歌声が心に残るんですよね。

聴いていると自然に涙が溢れ心に突き刺さる魂の一曲。

映画を観終わった後に聴くとさらに感動するかと思います。

まだこの作品を観ていない方、興味を持った方はぜひ一度観る事を個人的にお勧めしています。

日々の忙しさを忘れたまには美しいもの、素晴らしい作品を観て過ごす休日も素敵かと思います。

先ほどお知らせがあった嬉しい出来事・・・

さて、今回は私個人が観た映画を1作品ご紹介させていただきましたが、当店としても「映画」には関わりがあるのです。

 

 

>>> 逆位置のバラッド公式サイトはこちらからどうぞ

先程当店の方にお知らせがあったのですが、Garage EDENのオーナーであり、当店がメインにセレクトしているThee OLD CIRCUS のデザイナーを務めるUranoが衣装提供をしている「高山猛久」氏が主演を務める「逆位置のバラッド」という作品がアジアン・シネマ・アワード(ACA)の優秀長編映画賞を受賞したそうです。

本日は先ほどまで同氏が当店の方に遊びにいらしていたんですよね。

※上の写真は帰った直後の店頭のテーブルをそのまま映したもの。

すっかり話に夢中になっていたため写真を撮影するのを失念してしまいましたが・・・(汗)

同作品で高山氏が着用している衣装にはもちろん上述したようにThee OLD CIRCUSが衣装提供をしております。

何だか自分のことのように嬉しいと思ったため私のブログで皆様にお知らせをさせていただきます。
当店のFAMILYでもある高山氏。

何だか自分の事の様に嬉しい出来事でしたので僭越ながら私の方からも皆様にお知らせいたします。

高山さん、本当におめでとうございます!

 

John Morishita ジョン・モリシタ
John Morishita ジョン・モリシタAuthor

Garage Eden Ebisu Shop Stylist.