Thee OLD CIRCUS – 1973 – / 私の人生を変えた「最強のシャツ」_THEE SIX EYES

 

THEE SIX EYEプロジェクトが始まり4日目のブログとなります。

昨日までで上から下まで一通りのアイテムを1点ずつ紹介し基本となるスタイリングを構築致しました。
このスタイリングだけでもある意味では完成した組み合わせとなりますが、本日のブログからはそのスタイリングを基軸にしつつもう1点ずつアイテムを加えていきたいと考えております。
そこでまず今回フォーカスするアイテムに選んだのは当店が提案するスタイリングの根底にある「シャツ」今回はThee OLD CIRCUSが作り上げた「最強のシャツ」その中の1枚をご紹介致します。

袖を通した瞬間から格好良い、そんな「シャツ」

あらゆるスタイルに広く用いられる「シャツ」という存在。
それはフォーマル、カジュアル問わず様々なシーンで見かけ、実際に着用する機会なんかも非常に多いかと思います。
何より私自身シャツが非常に好きで普段のスタイリングにもよく取り入れております。

アイテムを紹介する前にまずはこのブランドのシャツを愛してやまない私が考える魅力を語らせて下さい。

いつだったか店頭でこのブランドのシャツに袖を通していたFAMILYが言っていた「袖を通した瞬間から格好良い」という言葉。
非常に簡潔で、かつ深い愛情が込められThee OLD CIRCUSのシャツを象徴するフレーズの一つとして心の奥深くに残っております。

>>> Thee OLD CIRCUS ” 1973 ” / 9171 / ” Canvas ” / 30s ハイゲージコットン ディストーションアーム カットシャツ [OLD WHITE]

なぜそこまで人の心を惹き付けてやまないのか私なりに考えてみたところ、様々な理由はあると思いますが極限まで無駄を排除した細身のシルエットフォルムとまさに黄金比とも言える構築で取り付けられたアームデザインにこそその理由が潜んでいるのだと思います。
一切の無駄を排除した細身だが無骨な匂いが微かに香るボディライン。
そしてそのボディに合わせて構築されたのはタイトフィットし袖先まで流れるように計算され尽くしたアームデザインが完成された美しく退廃的なシャツを作り上げているのだと考えております。

 

さらにもう一点付け加えると、一般的なシャツアイテムよりも幅広で衿高なデザインとなっており、首元をシャープに見せる計算されたネック構築。
秘められた男の魅力を引き出し妖艶さを演出するネック周辺の構築。
この辺りの機微な作りもこのブランドのシャツを語る上では外せない重要なポイントだと思います。

 

また、Thee OLD CIRCUSが作製するシャツは綺麗に羽織るよりもむしろ「ラフに」羽織るスタイルこそが素敵なんです。

胸周りを細く絞った構築となるためシャツボタンを最上段まで閉じてしまうと窮屈な印象となります。

私が以前Thee OLD CIRCUS のデザイナーにシャツについて直接インタビューしたところ、もともと窮屈にシャツを着用するスタイルが好きではなく、気兼ねなくラフに羽織るいい意味で「いい加減」な感じで格好が付くシャツが欲しかったそうです。

この「いい加減」さというのがThee OLD CIRCUSのアイテム感にも反映されているように個人的には感じております。このシャツに限らずほとんど全てのアイテムに共通しますが「お洗濯」出来るという点。

お洗濯ができるという点については昨日のブログでUbe店のShop Stylist ” Kominami “さんも言及していましたね。

>>> 昨日6/5のUbe Shop Stylistブログはこちらからどうぞ。

気兼ねなくお洗濯出来るというのはとても重要で、面倒に感じるクリーニング(主観ですが)なども必要とせず過度な手間が掛からないという事に繋がります。

デザイナーがどういう想いで、どんなマインドを込めてシャツを創造したのか。
アイテムを通して人柄までも透けて見えてくる、そんな気がします。
ここから先は今回ピックアップしたシャツについてご紹介致します。

今時期に提案したいカットソー感覚で羽織れるシャツ

一括りにシャツといえど様々な素材のバリエーションで作られたアイテムがあり、1つ1つ異なった魅力と格好良さを内包しております。
今回ピックアップしたシャツ。
このアイテムを皆様にオススメしたいと考えたのは、まさにトピックのタイトル通りカットソー感覚でさらっと気軽にそしてラフに着用出来る点にございます。

今時期に活躍するカットソー素材。
ニット織りで作製された生地となり、ハリとコシを兼ね備える高密度の素材となっている為クタッとした表情にならずメンズウェアらしい無骨さを演出するこのブランドらしさを体現する逸品となります。
また、吸水性にも優れている為、そろそろ梅雨入りしそうな今時期からは十分に汗も吸い取ってくれる為非常に快適な着用を約束致します。
日常的に身に付けることが多く面倒なケアなどを必要としないカット素材である為、上述したようにご自宅で手軽にお洗濯も可能となるのも非常に嬉しいところ。
その他アイテムの詳細につきましては当店のWEB SHOPにある商品ページ内に私が書き込めることは全て詰め込みましたので合わせてご覧いただければ嬉しく思います。

今時期からは写真のように腕まくりをするスタイルなんかもオススメです。
しなやかな質感で伸縮性のある素材の為、肘周辺に生地がドレープしても窮屈にならず着用ストレスを感じません。
また気温が高くなってきたらインナーをタンクトップなどの薄手のウェアに差し替えることで夏〜真夏の着用でも快適となります。

背面に施されたバッククロスダーツの雰囲気もスタイリッシュで存在感があります。

この手のシャツは背面が無機質かつシンプルであることが多いですが、 バッククロスが背面を大きく彩ることでどこか退廃的な背中を表現します。
当店が提案するスタイルを好んでいらっしゃる方の中でも非常に好評で支持者の多いデザインとなります。
かくいう私自身もバッククロスデザインに惹かれているファンの一人で、格好良さへのこだわりが垣間見えるデザインのものに傾倒してしまいます。
自身が心から気に入ったデザインのシャツを羽織る。
小さなことかもしれませんがふと背面が何かに反射して見えた時にちょっとした幸せを感じる、そんな瞬間が好きなんです。

シャツという存在は何枚持っていても飽きることがないアイテムであり、あらゆるスタイリングに取り入れる事が出来る万能な逸品です。
私が、当店が自信を持って提案している「最強のシャツ」の中から今時期にご提案したい1枚。
ぜひ実際に袖を通し、その「瞬間から格好良くなる」感覚を体験して欲しいと心から願っております。

私自身、その昔初めてThee OLD CIRCUSが作製したシャツに袖を通した瞬間に「やられた」と思いました。
当時はタイトなシャツを探し求めており、実際に様々なブランドのシャツを着用しておりました。

しかし、このブランドのシャツに出会ってから考えが変わりその時まで着用していたシャツでは物足りなくなってしまったのです。
「こんなシャツがあれば良いな・・・」

頭の中でぼんやり思い浮かべていた抽象的なイメージが明確に変わった瞬間でした。
今思えば強烈に感動していたのだと思います。

また、今まで私は店頭で何人ものFAMILYさまがこのブランドのシャツを袖に通し感動している様を拝見してきました。

その感動をぜひ未だ体験したことのない方に味わって欲しい、そして記憶に深くに刻まれる瞬間に立ち会いたいのです。

様々な物に溢れたこの時代。
何か一つの物に感動する経験は希少だと思いますし、人が感動するその姿が私が店頭に立つ上で幸福に感じる事の一つとなります。
ぜひこの機会にご検討いただければ幸いです。

>>> 本日紹介した商品はこちらからどうぞ

ブログを投稿したのちに当店のinstagramにもリンクした内容をアップ致しますのでぜひそちらもチェックして頂ければ嬉しく思います。

Garage EDEN Ebisu – SNS –

________________________________________

>>>   Garage EDEN Ebisu instagram

>>>  Garage EDEN FaceBook

>>> Garage EDEN Ebisu メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

>>> Garage EDEN 総合WEB SITE

John Morishita ジョン・モリシタ
John Morishita ジョン・モリシタAuthor

Garage Eden Ebisu Shop Stylist.