「個人用」の新しいWEB SITEを作ったので告知と宣伝を書きました

個人的な新たな取組みなのですが・・・

まぁ、ある意味で必要か不要かは全く分からないんですがここ最近はずっと自分の頭自体が混乱していて自分が一体どこに立っているのかなにに向かっているのかどの仕事がどこまで進んでいるのか。そういったことが分からずに混沌としていました。そしてそんな中で先週はワン子供の末娘「ここあ」の手術もあって自分なりにもバタバタとしていて真っ当な仕事(果たして僕にそんな仕事があるのかは不明ですが)が出来ずにいて、そういった中で出来る自分の仕事は頭をクリアにしていくことだと思って思い立って「ウラノタカヒロという僕個人」のウェブサイトを立ち上げてみました。

>>> https://uranotakahiro.com

僕が今までやってきたあれこれ。

そしてこれから本腰を入れてやっていきたいこと。

そういったことを一覧で自分自身で見れるようにしてみました。

例えばこの店のブログでは自分の人称を「僕」ということが多いですが、個人の方ではもう少しラフな感じで「俺」(時においらとか)という呼称を使ってみたりしようと思っています。

・・・まぁ正直言って本当にどうでもいいサイトではあるんですけどね。(笑)

・・・

まぁふざけながらもサイト内にも書いていますが僕自身の仕事への向き合い方のテーマは昔から一貫していて「遊びで仕事はしないが仕事で遊ぶ」というものです。

別にただの言葉といえばそれまでだけれど、それが本当の想いです。仕事自体はどの仕事も本当に楽しいと思うけど、仕事である以上遊びではやりません。やるなら本気でやることが楽しいと思うからです。だから仕事の中を一つの遊び場という考えを持って真剣に向き合います。そういった意味ではこういうページがあると僕自身という人間を少しは分かりやすく表現出来るのかなぁと思ったり。

いくつかの中で1つ新しいのは「コンサルタント」的な仕事でしょうか。ある意味ではこれが大きな理由にもあってサイトを作ったのがあって。というのは偶然昨年くらいからいくつか知り合いの方の依頼で「ホームページって作ってくれない?(WEB SITE)」という話があってそれはまずはこのサイトを作った辺りからということだったりするのですが、そういう依頼があればそれに答えたいといういつもの僕の性格もあり、「いいよ」って返事をしてしまった手前返事のあとから猛烈にWEB SITE作りの勉強をしてみたり。。。で、SITE作りの勉強も兼ねて自分のページを作ってみたというね。そういった流れもあります。

で、不思議なものでそういう動きを始めてみると今度はまた別の角度からの依頼もあって住んでいる自宅の1階がある業者さん(ちゃんと決まったら個人のサイトで書くと思うけど)で僕も時々お願い事があって出入りしているんだけどその業者の代表の方(感じの良い熟女さまです)から『あのぉ〜今まで聞いたことなかったんですけどお仕事ってなにかデザイン関係ですか?実は店の看板を新しくしたいと思ってるんだけどそういうのってデザイン出来ないかな?』というありがたいお話を頂いたり。

「カッコいい」というあくまで僕の想う主観だけれど、その主観を基に僕は様々な「デザイン」をする。

これも個人の方にも少し書いたんだけど「デザイン」とは様々な考え方であり、すごく広義(逆は狭義)であると思っています。つまり考え方も生き方も日常の在り方だってデザインをすることは出来るし、自分自身がどんな洋服をどんなシュチュエーションで着るかというその流れ自体もデザインとも呼べると思うのです。あとは立ち振舞とかも。全部全部そのマインドはデザインに繋がる。少なくとも僕はそういう風に思うし自分自身をデザインしているのだと考えてもいる。

そういった中で自分が思うデザインというものを外側へアウトプットするということをデザインの仕事として出来ることもあるかなぁと思ったり。

分かりやすく言えば洋服というモノのデザインや看板などのデザインの物として残るデザインだけでなく考え方なども含めた意味で「デザインで出来ること」というのを仕事という形で具現化していくことを考えていたりします。

デザインされていないものなどこの世にはないと思うし(ある意味では人間というものは神様がデザインしたものかもしれないしね)そのプロセスというのは「出来上がりの想像」→「その為の外枠の絵」→「実際的な絵の描き起こし」→「具体的な創作」→「出来上がり」だと思うし、向かう想い先は一貫して「良いもの」であり「伝えたいこと」であるような気がします。

募集(笑)

もし万が一これを読んでくれている方の中でもご自分でなにかをしていて(それは仕事でも趣味でも)「デザインして欲しい」、「デザインに関わって欲しい」ということがあればお声掛け下さい。今の感じだとあと2人(2社)くらいだったらクライアントとして抱えれるような気がしています。(始めたばかりだから今なら激的に安いよ(笑))

写真、カメラを真剣にやってみたいとか。(それでそれを自分のWEB SITEを作って公開していきたいとかね)

店をやっているんだけどホームページがない。(もちろん商品とかそういったものの撮影や撮影アドバイスなども出来るしね)

俺も洋服のブランドをやってみたい、とか。← 儲からないからやめた方がいいよってアドバイスするかも。(笑)

 

現状のクライアント(まだちゃんと決まっているのは2社だけね)は「フラワーセラピスト」と「精密会社」さん。

単純にアパレルという今までの僕のフィールドからは程遠い世界ではある。

どちらも元々の知り合いではあるけれど、セラピストはペットロスをきっかけに自分自身が立ち直る為に始めているからその想いに共感を強く感じたからなにか俺で良かったら力を貸したいという話から始まった。(これからWEB SITEなどを作り始めるんだけど)

精密屋はこの手の会社さんのWEB SITEはありがちだけど「カッコ良くしたい!」っていう想いから始まった。

自分のフィールドを違えば違うほどある意味では僕自身の勉強にもなって、それがまた自分が手掛けるブランドや店や全てのデザインにキックバックされて反映されるような気もしている。そういう意味で僕自身のデザインの修行にもなる。

それもまた良いんじゃないかなって。

・・・

いつも通りあんまりお金には繋がらない(笑)けど、「一緒に楽しみながら」やっていけたらいいなと思っています。

こんなことも書いていきたい

あとは時々こっちへもアップしてきましたがロックンロールキッチンと名付けて僕が勝手にやっている趣味のゴハン関係の話とか、ワン子供の話とかそういうのも書いていくつもりです。

つまり完全なプライベート空間のWEB SITEって感じでしょうか。

店というこのページでの空間にあまりにもプライベート感が出てもイカンかなぁとか思ってね。

ワン子供の話などはちゃんと書いていきたくて、というのはただの「うちのワンコたち可愛いでしょ」ってことだけでなく(もちろんそれはそれで書くとは思うけど)ワンコを飼うこと、一緒に暮らすという大きな意味や意義や心の在り方。そしてもっと踏み込んだ現実の話などに触れていきたい。僕はワン子供たちをペットとは呼ばずに家族だと呼びますが世の中ではペットとして(別にその呼び名がいけないって訳じゃないよ)多くの数がいますが、悲しい事件や悲しい想いなども多いと思います。命を預かり守っていくという行為は単に最初の可愛いという想いだけで続けることは出来ません。きっとそれは人間の子供と一緒なんじゃないかなと思います。うちには人間の子供はいないけど、僕個人としては同じ目線で彼らの命を見ていますしそういうつもりでいます。そういった中で絶対的に生まれる別れや一緒に生きていく為に掛かるお金のことなど。そういった現実があるんだよ、でも彼らが僕に与えてくれる愛情、愛はもっともっと大きなものなんだよってことを伝えたいと思っています。

 

そんなこんなで個人のWEB SITEの紹介と宣伝でした。(笑)

また仕事が増えてこっちへのアップなどが減ってはいけない(とか言ってここ数日アップ出来ていなかったけど)けど、こっちはこっち。あっちはあっちという気持ちでまた気持ちを入れ替えてがんばっていこうと思っています。

JUVENILE HALL ROLLCALLの話も途中なので近日にはまた続きを書きます。

ぜひそちらもお楽しみ。

 

では最後にもう一度個人の方のアドレスを貼っておきます。

良かったら一度くらいは見てみてくださいな。

>>> https://uranotakahiro.com

サイトアドレスがダサくていいでしょ?(笑)

Urano Takahiro ウラノ タカヒロ
Urano Takahiro ウラノ タカヒロAuthor

Garage EDEN shop Editor.