なんでもない特別な1日

21日


なんでもないただの1日。

それは自分にとっては特別な1日。

街を歩く。

久しぶりのこと。

なんでもない道。

なんでもない1日

それでもやはり自分にとっては特別な1日。

そういう日。

ぐるりとした1ヶ月。

全てが変わった日。

 

 

どこにも辿り着かなくて。

どこにも行けなくても。

 

それでもこの世界はこの世界。

僕の世界は僕の世界。

 

色が抜けていく。

それはきっと必要な色だけが残る世界。

 

Urano Takahiro ウラノ タカヒロ
Urano Takahiro ウラノ タカヒロAuthor

Garage EDEN shop Editor.