僕なりの散文「エンジニアブーツ」

今日は僕なりの散文。

 

 

エンジニアブーツというものと出会ったのは約10年前くらい。

初めて履いたのはCHIPPEWA(チペワ)のスウェードでサンドベージュのもの。

それまでは所謂ワークテイストなものはそこまで興味が無く、チェルシーブーツといったシャープなものを好んで履いていた。

 

 

Thee OLD CIRCUS (以下サーカス) というブランドと出会い、初めて手にしたアイテムでもあるブーツカットデニム「2116」をそれまで持っていたブーツと合わせるが全く合わない。

「2116」のフレア部分がエンジニアブーツに合わせて設計されている為、自分が持っていたブーツではシャフトの幅やアッパーのボリュームがバランス的に合っていなかった。

 

そこで、エンジニアブーツを買おうと決意する。

ただ、当時新品のもの買う余裕なんて無かったので古着屋を巡ったところ、”CHIPPEWA(チペワ)”のエンジニアブーツと出会う。

早速「2116」と合わせて「あぁ、この感じ」と思い即購入。

 

エンジニアブーツにシャープさは無いものの、その無骨な佇まい、どんな無茶な履き方をしても型崩れしないタフさに惚れ、また”2116″と”エンジニアブーツ”のセットのマッチングが非常によく、そのシルエットに惚れ一時期はずっとそのセットで履いていた。

 

今はスタイルの多様化から、そのセットで合わすことは減ったが、たまにやりたくなる。

 

それが原点であるから。

 

この赤いエンジニアブーツはサーカスのものでかれこれ4年位履いたもの。

 

周りが黒ずんでいるのは、これによく黒いレザーパンツを合わせていて、その色がブーツに移染したもの。

 

汚れて見えるけど、これも味である。

 

かえって赤い色に奥行きが出て自分だけのものに昇華していると思う。

クタっとした皺も。

 

ずっと眺めていられる。

 

これから先も歩くことができる限りは履き続けたいと思う、そんなブーツ。

 

 

明日は久しぶりに革パンと合わせて履いてみよう。

 

Garage EDEN HIMEJI
コンノ

 

※オンラインストアにおける送料無料について

現在新型コロナウィルスの影響により外出をお控えする方が多くなっているかと思います。

その為、各店 WEB STORE ご利用で(期間未定の限定で)全品「送料無料」と致します。

各店通常のカート利用で御購入頂ければ自動計算により送料は無料となります。(代引きをお選びの場合は代引き手数料は発生致します)

 

* 通販の為サイズ等が心配な場合は事前に各店に御相談ください。御相談の上の通販購入に関しましてはサイズのお取替え等にも対応致します。

 

店頭へ行くのが難しい場合は是非、オンラインストアをご利用下さい。

Garage EDEN HIMEJI オンラインストアはこちらからどうぞ>>>

Konno Hiroshi コンノ ヒロシ
Konno Hiroshi コンノ ヒロシAuthor

Garage EDEN Himeji Shop Stylist.