帰り道 / モノクロームコントラスト

撮影〜構成


今日からは本格的に撮影。

週を開けてからはまずは撮影の為の準備と並行して別の仕事や展示会のチェック、接客など様々なことがパラレルに進む。

問い合わせ。

色々と。

ありがたい。

Youtube LIVE などでお話をしていたからということもあって、掲載前に「売り切れに!?」というありがたい心配までしてもらって、そういった方には撮影が終わった時点で掲載前にアイテムの写真などをお送りしようと思っています。

ぜひお気軽にお声掛け下さい。

 

個別個別。

 

これはある種の贔屓であり、贔屓が出来るようにって思って今の「会員制」というふざけた店になったんだ。

 

昨日は1日、正直あまり仕事自体は進まなかった。

理由はいくつかある(物理的なことや体力的なこと、そして精神)のだけれど、「この先」ということを考えたら手が止まってしまった。

決してそれはシャドーが掛かった暗い部分だけではなくてハイライトとシャドーがきれいに重なった感じ。いや、写真で言うと暗所の中でもしっかりとダイナミックレンジが効いていてシャドー部の中の黒の中の黒がしっかりと写ったイメージ。そうか。

そういうことかって。

1人で納得しながら落ち着いた。

そのイメージを固めるためにカメラが欲しくなったけれど中古でも50万以上することに驚愕してもちろん諦めた。(当然そんな大金どこにもないよ)

がんばってお金貯めて買いたいな。

買えないけど。(笑)

 

そんなに時間は残っていない。

それだけは確実だと思っているし事実である。

1日という時間軸がとても大切で貴重なことだとさらに思った。

当たり前に繰り返してきたこの時間にリミットがあること。

決めたこと。

 

だから。

進む。

自分なりのやり方で自分なりの道のりで。

 

一昨日のブログでも書いたけど、BLANKEY JET CITY ばかり聴いている。

自分自身の原点回帰。

別に「それっぽい服」が欲しいってことではなくて、でもそこが自分の帰り道の先にある場所だと思うんだ。

だからそれらの唄の中に心を沈めると「もう一度」という気持ちになる。

不思議なものだ。

 

決して前向きな人間ではない。

それでも後ろ向きでゆっくり前に歩くんだ。

転んでも、躓いても。

それでも。

 

※ 明日くらいには週末の Youtube LIVE の内容など記載出来そうな気がしています。土曜日 20:00〜 ってのは決定なのでどうぞよろしく

Urano Takahiro ウラノ タカヒロ
Urano Takahiro ウラノ タカヒロAuthor

Garage EDEN shop Editor.